LANケーブル

今や一般的になった光回線のインターネットですが、その通信の仕組みはどのようなものでしょうか。

光回線とは読んで字のごとく光ファイバーを使ったインターネットです。

従来は電話線を用いたインターネットで、ダイヤルアップ接続などと呼ばれていましたが、現在では基地局のサーバーを呼び出して接続しています。

そのためインターネット開始までの接続時間も大きく向上しました。

従来のADSLやISDNと言われていたインターネットの場合、自分の持っている電話番号から接続サービスを提供しているゲートと言われるところに電話をかけて、その電話信号でインターネットをやり取りしていました。

そのためインターネットは従量制となり、料金も接続に比例して高いものでした。

それに比べ光回線は光信号を使うため、インターネット接続用の電話番号を必要としません。

光信号ですべての情報をやり取りしますので、料金も固定になってきています。

この光インターネットで使用する光ファイバーの中の構造は、無数の鏡があり、それに光が反射しながら進んでいます。

ネットワークのイメージ従来の電話信号に比べて光の速さではとてつもなく速い速度で大量のデータをやり取りできますので、この光回線の登場でインターネット環境は大きく変化しました。

通信速度も飛躍的に向上し、基地局からの距離に半比例していた速度も、基地局からの距離に左右されることなくインターネットを楽しむことができるのも、この光回線のおかげです。

しかし、光インターネットでも光回線の回線契約と、接続サービスを担うプロバイダ契約は従来通り必要になります。

現在では数多くの回線事業者とプロバイダが存在していますので、自分の使い方に合う回線事業者とプロバイダを選ぶことで、毎月の通信費を抑えることができます。

回線事業者とプロバイダは利用者をサーバーという集合接続で管理していますので、各事業者がどれくらいの大きさのサーバーを有しているかや通信速度に左右しますので、契約前には事前のリサーチが必要になることもあります。

なかなか複雑な内容で苦手と感じる人の場合であれば、大手の事業者を選択していれば間違いは無いでしょう。

どこを選べばいいかわからない場合は、家電量販店のスタッフに聞くと複雑な内容もわかりやすく説明してくれます。

苦手な分野も専門家ですので、わからないことを確認しつつ話を前に進めていくことができ、失敗なく光インターネットを快適に使うことができるでしょう。

光回線と言えばNTT

光インターネットの代名詞と言えばNTTのフレッツ光です。

フレッツ光はNTTの独自回線となりますので、接続などで何らかの問題が起きた場合はNTTに問い合わせればすべてが解決しますので、インターネットで不要な問題を抱えたくない人はフレッツ光を使う方が無難でしょう。

フレッツ光は光回線の代名詞にふさわしく独自回線なので通信速度も他の通信環境に影響されにくいですので、ストレスなくインターネットを使うことができます。

プロバイダもNTT系のプロバイダが存在しています。

インターネットの歴史が長い分、サービスやアフターフォローについても他社にはない経験値がありますしサービスが充実しています。

最近では光コラボで携帯会社とインターネットの回線事業者、プロバイダをまとめることで毎月の通信費を安く抑えることができますので、スマートフォンを使っている人であれば光コラボにしない手はないほどです。

NTT系の光回線の場合、ADSLやISDNの時代から電話線でインターネットをしてきた歴史がありました。

ですから、現在でも電話線網を使ってインターネット回線を各家庭に導入してきています。

電話線でインターネットサービスを提供してきた会社ですから、提供エリアは西日本、東日本を問わず広いエリアを網羅しています。

ですからNTT系のインターネットの申し込みができないエリアはほぼ無いでしょう。

地方の山間部ではまだ光回線のインターネット回線網が整備されていないところもあるようです。

そのような場合、地方自治体が専用にタウンネットとして光回線を地域に引き込んでいる場合が少なくありません。

家計簿と貯金箱と電卓利用者はNTTとの直接の契約を結ぶのではなく、自治体に利用の申し出を行うことで光インターネットを使うことができます。

この場合、光コラボではないのでスマートフォンの通信費を安くすることはできません。

一般的なフレッツ光などの料金と比較し場合では、見劣りしない内容でインターネット契約を結ぶことができますので、必ずしも光コラボでないと毎月の通信費が安くならないかというと、そうでもありません。

通信費に関しては、毎月の支払いにかかってくることですので、一定期間で一度見直すのは良いことです。

フレッツ光をそのままNTTの光回線を使っている他社へ切り替える転用の場合にはフレッツ光の解約金がかからないなどの事もありますので、一度見直してみるのも良いでしょう。