フレッツ光の回線を使っている光コラボ

2015年にスタートした光コラボは光回線を提供している業者が、その一部を他の事業者へと卸販売することで成り立っているサービスです。

光コラボの仕組みを理解するには、まずフレッツ光を理解することが重要です。

フレッツ光は大容量の動画やコンテンツをスムーズに楽しめるブロードバンド回線で、高速で安定した接続を可能にしているのが魅力です。

フレッツ光には戸建て向けや集合住宅向けがあり、完全定額プランや2段階固定プランによって価格も変わります。

希望のプロバイダーを選択できるので、自分に向いているプロバイダーと契約することができます。

光コラボはフレッツ光の速度や品質はそのままで、各事業者が独自のキャンペーンを加えたサービスとなっています。

これまでのようにフレッツ光と直接契約するのではなく、卸売りされた光回線を販売している各事業者と契約する仕組みです。

既にフレッツ光を使っている人が光コラボに乗り換える際は、フレッツ光の設備を転用できるので工事やモデムの変更は必要ありません。

転用なのでフレッツ光の違約金も発生しないのが特徴です。

フレッツ光の事業者によってはインターネット回線と携帯電話のセット割引やキャッシュバックがあるので、消費者は非常に安く光回線を利用できます。

それぞれのコラボレーション事業者は、自社のサービスを長期間利用してもらえるメリットがあり、フレッツ光を提供している事業者は自社で営業活動をしなくても利用者を増やすことができるメリットがあります。

これまで独占状態であった光回線を他の事業者も提供することで市場に価格競争が起き、料金が安くなって月々の支払い金額が大幅に削減されます。

また光コラボでは光回線とプロバイダーがセットになっていることがほとんどです。

フレッツ光では別々の契約だったものが統一されることで窓口も一緒になります。

もしトラブルが起きても問い合わせが楽になったり、これまで別々に来ていた請求も一本化されるので便利です。

光コラボを契約する際は事前に料金プランを確認することや、インターネットなどで事業者の評判を調べておくことが大事です。

納得のできる契約内容でなければ解約が難しくなったり、違約金が発生することもあるので注意しましょう。

光コラボと契約すると元のフレッツ光に戻すことはできませんし、解約しなければ別の事業者に変更することもできないので、事業者と長く付き合えるかどうかをよく考えてから契約しましょう。